会社沿革

1969年   成田空港交通(株)免許申請
(昭和44年)
       2年ごとに登記更新
1977年   新聞記事『幻のタクシー会社』掲載
(昭和52年)
1978年1月 一般乗用旅客自動車運送事業認可
(昭和53年) 初代代表取締役 成毛 操
1978年2月 国際空港交通(株)に変更

1996年    新社屋完成
(平成 8年)

2006年5月 千葉県タクシー協会北総支部長 成毛 由興
(平成18年)
    9月  東京交通新聞記事『首都圏の顔
2007年6月 代表取締役 成毛由興

1013年4月 一般乗合旅客自動車運送事業事業(区域乗合)
(平成25年) 成田市オンデマンド交通 試験運用開始

2017年6月 代表取締役 成毛 良次
2017年8月 IC運転免許連動アルコール検知器導入
      事務処理等をIT化

2019年    楽天ペイ、ペイペイによる支払利用可
(平成31年)
2019年 3月 ジャパンタクシー2台導入
2019年 4月 社屋外壁工事完了
2019年7月 アルファード(ハイヤー)導入
2019年9月 台風15号による被害(社屋屋根、外壁、車両3台)
        停電が発生した。
        メルペイ、auペイによる支払利用可
2019年10月 ジャパンタクシー1台導入 消費税増税分運賃改定
2019年11月 ハイエース新車に代替
2020年2月    タクシー料金改定 初乗運賃500円(~1.27km)
       迎車料金300円 加算運賃100円(263m毎)
       世界中でコロナウィルス感染症が流行
2020年3月   車内に消毒薬を搭載、ドライバーマスク着用
       ジャパンタクシー1台代替       
2020年4月  シエンタに代替 非接触体温計導入
       d払いによる支払利用可
2020年5月  運行台数を制限して営業開始